朝ランダイエットとダイエットシェイクで目指せ5キロ減!

最近かなり太ってきてしまったので、ダイエットをしないとと思っています。目指すのは5キロ減です!

しかし私は食事が人生の楽しみと言う感じの人間なので、食事制限をするのが凄く苦手です。

この前もカロリー制限ダイエットをしたのですが、ストレスがものすごくたまってしまって、すぐにギブアップして、結局リバウンドしてしまいました。

絶食みたいな感覚でダイエットをしてしまったので、次はダイエットシェイクを利用した置き換えダイエットをしようと思っています。

でも私には運動系のダイエットがいいのかな?

いちばん簡単そうな運動系のダイエットと言えばランニングをしてダイエットをすることだと思います。

調べてみると、ランニングをすると体重×距離分のカロリーが消費できるみたいです。

70キロの人が10キロ走ると700キロカロリーも体重を減らせます。

これだとカレーライス一杯くらいのカロリーを控えたのと同じことになるのでいいなと思います。

しかも朝ランニングをする、朝ランをすると、夜走るよりも、ダイエット効果が高いらしいです。

朝走って脂肪が燃焼し始めると、その効果が一日続くからだそうです。

というわけで、どうせランニングダイエットをするなら早起きをして、朝ランダイエットにしたいと思います。

ダイエットシェイクドリンクの比較ランキング

食事を換えるだけではやせないと感じたできごと

青汁を初めて飲んだのはたまたま見つけたモニター募集で、ダメもとで応募したら当選して、送られてきた青汁が思ったよりも多かったのでとても嬉しかったです。

このときに青汁に対する抵抗感がなくなり、こんなに飲みやすくて体にいいのなら取り入れないのは損だと思いました。野菜不足を補えるしじょうずに飲めばダイエットにもなりますし・・。

とはいっても青汁を飲んでダイエットに成功したことはまだありません。青汁の粉を豆乳で溶いて飲んでいるので、体にいいものを取り入れる習慣がついたのは嬉しいです。

青汁を飲む前は豆乳を飲むことがなかったので、これがきっかけで豆乳になじめるようになりました。

ダイエットの効果は得られなくても、ダイエットのためにしたことは体にはプラスになっています。それでいいのかもしれませんが、やっぱり体型はすっきりさせたいです。

お腹周りが以前より大きくなっています。年齢が上がると太りやすくなりますし・・。

スムージーもダイエット食として取り入れたことがあります。これもおいしかったですがこれだけではやせません。食事を換えるだけでやせたのは遠い昔のことです。

思いつめてはいけないけれど・・痩せたいのさ

ダイエットを成功させるには、

  • ①カロリーを少なくして
  • ②運動をして
  • ③規則正しい生活

これらが大事であることはわかっていますが、ついついもっと楽で早く効果が出て楽しくて・・という方法を探してしまいます。

そして「これなら続けられる!」と思う方法を見つけて最初はテンション上げてやりますが、いつのまにかやらなくなっている、ということの繰り返しです。

なのでこれからダイエットをするためには、上に書いた①から③のことをあらためてきちんとしたいです。

といっても、あまりきっちりやりすぎるのも危ないです。カロリーを少なくしすぎて食事があまりとれなくなってしまったり、運動をしすぎて体を痛めるところまで自分を追い込まないようにしないと、そう思っています。

思いつめないことです。ゆるく続けられるダイエットをしたいです。

どこまでゆるくするか、ゆるすぎてはもちろん結果が出ませんし、ここは守るというポイントを決めたほうがいいです。

私はいつもバスを利用していたところを歩くことにしました。この習慣を始めてから足に筋肉がつき、そして体重は・・まだ結果は出ていません。

けれど健康にはなっています(汗)

姿勢とダイエットの関係性 | 健康的であるための修正方法

ダイエットは多くの人にとって減量という意味でしょうが、なぜ減量をするのか目的をもっと考えたことがあるでしょうか。

せっかく減量ができても健康を損なってしまったら元も子もありませんし、無理をしてやつれたように見えてしまったら外見的魅力が失われてしまいます。

余計なお世話かと思いますが、スタイルが良くなるというよりも何かその人から出ている雰囲気が健康的で、満ち足りたものであればきっと魅力がぐっと増すのではないでしょうか。

では、そのためにはどうしたらよいかということを少しお話すると、それは姿勢だと思います。常に身体に余計な緊張がなく、まっすぐに、足の上に腰がのり、腰の上に胴体がのり、胴体の上に頭がのっているような状態です。

このようなフラットで力みがない姿勢の人を思い浮かべてください。きっとスタイルもその人の骨格からするとよく見えるし、内面的な面も安定して落ち着いて見えると思います。きっと仕事ができたり、充実しているように見えると思います。

このような姿勢を維持するためには、姿勢が悪くなった時に直ぐに修正する癖をつけることが大切です。

一度深く息を吐いてまた姿勢を直して仕切りなおす。そうしたことの繰り返しで姿勢の良い時間がだんだん長くなります。

姿勢が良くなればポジティブな循環に入るので別にダイエット活動をしようとしてもきっとうまくいきます。

食事制限よりもウォーキング

ダイエットを始めて早二ヶ月、髪はパサパサ肌はガサガサ。
過度の食事制限による影響です。

確かに体重は大きく減るのですが、ある程度までいくとそれ以上体重は減りません。
見た目が激しく劣化するだけのようです。
食事制限によるダイエットには限界があるのかもしれません。

ですので、食事は普通(気持ち少なめ)に取る事にして、生活に運動を取り入れました。
運動と言っても軽いウォーキングです。
ですが、これが案外効果的でした。

食事量を増やしたことで体重は増えましたが、一時間ほどのウォーキングを毎日続けたところウエストと太ももがかなり細くなりました。
ガリガリという感じではありません。

さらにウォーキング量を増やし、一回二時間、これを毎日行う事にしたところ、体重は過度の食事制限をしていた時と同じところまで落ちました。
ただ、そこまで行くのに半年はかかっています。
即効性はあまり無いようです。

なのですが、過度の食事制限をしていた時と同じ体重なのに見た目はまったく違います。
健康的というか、若々しい感じで痩せることができました。

毎日歩くというのは大変ですが、ウォーキング仲間などを作って行うと案外楽しくできると思います。
運動が得意不得意関係なくできる運動ですので、ウォーキングお勧めです。